避難所運営の手引き作成 尾鷲市、HPに公開

【尾鷲】三重県尾鷲市は「避難所運営マニュアル―災害時の避難所運営の手引き」を初めて作成し、1日から市のホームページで公開を始めた。

マニュアルは事前対策、初動対応、運営の3章で構成。災害時の避難所運営が円滑にできるよう、活動内容などをまとめている。

1章の事前対策では構成員の役割、生活ルールの紹介など避難所運営の基礎知識や事前準備について記載している。

2章の初動対応では避難所の開設や組織の立ち上げについて記した。

3章は避難者らが主体となった班活動について記載。総務班、食料・物資班、情報広報班、施設管理班、救護班、衛生班の各班の役割について紹介している。高齢者や障害者、乳幼児などへの支援についても明記した。

市防災危機管理課によると、今後は作成した防災マニュアルを元に、市が指定する各地域の避難所ごとに適した運営マニュアルを作成していくとしている。