新茶を手積み 子どもら農業体験 南伊勢高生と度会小児童 三重

【一緒に茶摘みを体験する児童と生徒ら=度会町棚橋で】

【度会郡】度会町立度会小学校の3年生73人と、三重県立南伊勢高校度会・南勢両校舎の1年生63人が1日、度会町の茶農家、中村英子さんが管理する同町棚橋の茶園で新茶の手摘みを体験した。

町の基幹産業「お茶」について学び、自然に親しみながら交流を深めてもらおうと、同町茶業組合が協力し、毎年開いている。

児童生徒らは茶葉の摘み方を教わった後、5アールの茶園で「やぶきた」という品種の柔らかな新芽を次々と摘み取った。

同校度会校舎1年1組の大橋英未さん(15)は「茶葉を摘むのは難しいと思っていたけどやってみると簡単にできて楽しかった」、度会小3年A組の仲野莉央さん(8つ)は「自分たちで摘んだお茶はおいしいと思う」と笑顔で話していた。

収穫した茶葉約16キロは中村さんの茶工場で製茶され、各校に届けられる。