伊勢 紙ヒコーキ大会大盛況 厚生小でふれあいまつり 三重

【子どもらの人気を集めた紙ヒコーキ飛ばし大会=伊勢市一志町の厚生小学校で】

【伊勢】三重県伊勢市一志町の厚生小学校で29日、「第9回厚生ふれあいまつり」があった。大勢の地域住民らが来場し、フリーマーケットや区民芸能祭、クイズ大会などを楽しみながら交流を深めた。

厚生学区の7つの自治会などでつくる「厚生地区まちづくりの会」が、地域の交流や活性化を目的に毎年開催。同会の5つの委員会がそれぞれ工夫を凝らしたイベントを実施した。

この日は、手芸品や野菜、ジャムなどを販売する約20ブースが出店。竹を使った花器作り体験や厚生地区ものしり王クイズ大会、子ども木遣りなどがあった。飛距離を競う紙ヒコーキ飛ばし大会も子どもらの人気を集めていた。

同地区にある290軒の空き家を利活用し、にぎわいを取り戻そうと調査や研究を行う「厚生すみか」は空き家相談会を開催。チームリーダーの上野博史さん(67)らメンバーが日頃の活動を周知し、空き家の情報提供を呼び掛けた。

上野さんは「厚生地区の良さを知ってもらい、空き家を活用して住んでもらえれば」と話していた。