小5女児を連れ去り 津署、容疑の29歳男逮捕 三重

【津】家出中の小学5年生の女児(10)に声を掛けて自宅アパートまで連れ去ったとして、津署は16日、未成年者拐取(かいしゅ)の疑いで、三重県津市藤方、工員男性容疑者(29)を逮捕した。女児は約4時間半後に無事保護され、けがはなかった。

逮捕容疑は15日午後10時40分―16日午前3時10分ごろまでの間、津市垂水の歩道を歩いていた同市在住の女児を未成年と知りながら声を掛け、軽乗用車に乗せて自宅アパートの居室内まで連れ去った疑い。

同署によると、女児は15日午後9時ごろ、母親と口論となってパジャマ姿のまま自宅を飛び出して連絡が取れなくなり、母親が同署に一一〇番した。

同じころ、「歩道をパジャマ姿で歩く女の子がいて、不審な男が後をつけている」と別の一一〇番があり、同署員が通報のあった現場に急行。付近の防犯カメラなどから男性容疑者と居住先のアパートを特定し、室内で寝ていた女児を保護するとともに男性容疑者を緊急逮捕した。

男性容疑者は「かわいそうに思いアパートに連れてきた」と容疑を認めている。2人に面識はなく、詳しい動機や連れ去るまでの経緯などを調べている。