無線LAN、7路線追加 三交高速バス、11路線35台に

【津】三重交通(本社・津市中央)は29日、新たに7路線の高速バス車内で4月1日から無料の公衆無線LAN「Wi―Fi(ワイファイ)」のサービスを提供すると発表した。同社で無料のWi―Fiが利用できる路線バスは11路線、35台となる。

同社は訪日外国人観光客の利便性を向上させようと平成28年に4路線、10台のバスで無料のWi―Fiサービスを導入。訪日外国人観光客の増加により無料のWi―Fiサービスがバス業界で主流になる中、利用者の多い七路線でサービス拡大を決めた。

無料Wi―Fiを導入するのは、三重京都高速線▽四日市大阪高速線▽名古屋上野高速線▽高速伊賀品川線▽高速鳥羽大宮線▽名古屋南紀高速線▽高速南紀大宮線―の7路線。1回最大で12時間まで利用でき、英語や韓国語、中国語に対応している。