四日市 「たいよう保育園」が落成式 待機児童解消の一助に 三重

【完成した園舎=四日市市赤堀のたいよう保育園で】

【四日市】4月1日に開園する「たいよう保育園」がこのほど完成し、落成式が27日、三重県四日市市赤堀の同園で開かれた。園関係者や森智広市長をはじめとする来賓、施工業者など計約百人が出席し、新たな子育て施設の完成を祝った。

同園は、社会福祉法人「来福(らいふく)」が運営する。園舎は鉄骨造一部2階建てで、延べ床面積は826・91平方メートル。2階のテラスにも、芝生を張った園庭を設けた。また、園庭には砂利を敷いて、砂ぼこりへの対策をとった。

落成式で、来福の福村伊久雄理事長は「市の待機児童の解消の一助になれば」とあいさつした。

同園によると、この春、35人が入園する予定。建設費は市の保育所等整備事業の補助金を充てた。