伊勢市・横輪地区 特産、桜と芋のドーナツ完成 仏料理店のシェフ協力 三重

【横輪桜と横輪いもを使った「横輪桜ドーナツ」=伊勢市役所で】

【伊勢】三重県伊勢市横輪町の住民でつくる横輪町活性化委員会は、同町に咲く「横輪桜」と特産「横輪いも」を使った「横輪桜ドーナツ」を作った。

市内のフランス料理店「ル・バンボッシュ」の福井隆一シェフに協力を依頼し、試行錯誤を重ね考案。

餅のような粘りと濃厚な味わいが特徴の横輪いものペーストと、淡い紅色の横輪桜の塩漬けを刻んで生地に練り込み、油で揚げず、ドーナツ型で焼き上げた。しっとりとした食感に、ほんのり桜の香りが広がる。1個220円。

4月1―15日に開く「横輪桜まつり」の期間中、同町の産地直売所「郷の恵・風輪」で販売する。

風鈴のマネージャー中西克秀さん(67)は「横輪の『輪』と丸いドーナツの輪をかけて、地元名物をいかした焼きドーナツにした。ぜひ食べて」と話している。