鳥羽 車内に男女3人の遺体 50―70代 母親と姉弟、無理心中か 三重

【鳥羽】19日午後7時10分ごろ、三重県鳥羽市白木町の国道167号沿いに停車中の軽乗用車の車内で、同市と志摩市に住む50歳代から70歳代の男女3人の遺体が見つかった。鳥羽署は現場の状況から3人が無理心中を図ったとみて、調べを進めている。

同署によると、見つかったのは母親と姉弟。弟は運転席でぐったりとし、後部座席にいた母親と姉の首にはシートベルトが巻かれ、絞められた痕があったという。弟には目立った外傷がなかった。同署が死因を調べている。

同日午後4時ごろ、親戚から同署へ3人の捜索願が出されていた。巡回中の署員が3人を発見。母親と弟が暮らす鳥羽市内の自宅からは遺書が見つかった。