南伊勢町議会 伊藤氏の副町長案に同意 三重県が派遣 来月から

【度会郡】三重県の南伊勢町議会は20日、県雇用経済部の伊藤敬・食の産業政策推進監(53)を副町長とする人事案件に同意した。伊藤氏の任期は4月1日から4年。矢野次男副町長は任期を1年残し、同月から県に戻る。県から派遣される副町長は、任期を満了せずに戻るケースが多いという。

伊藤氏は昭和63年、県に入庁。桑名農業改良センターを振り出しに、農業経営課や農水商工部マーケティング室など主に農業畑を歩んできた。

矢野氏は平成27年4月から副町長を務めた。地方創生策の一環として、県内で初めてアワビの陸上養殖に取り組んだほか、生徒数の減少が著しい県立南伊勢高校南勢校舎の活性化事業などに携わった。

議会はこのほか、約89億7千万円の新年度一般会計当初予算案など9議案を可決し、閉会した。