1月の三重県内鉱工業指数 生産数6.2%減 4カ月ぶりマイナス

三重県が20日に発表した1月の県内鉱工業指数(平成22年=100)によると、生産指数は前月比6・2%減の137・4となり、4カ月ぶりにマイナスに転じた。

低下した業種は電子部品・デバイス工業、輸送機械工業、はん用機械工業。業務用機械工業、窯業・土石製品工業、繊維工業は上昇した。

在庫指数は、前月比3・9%増の102・2で、4カ月ぶりにプラスとなった。上昇した業種は電気機械工業、石油・石炭製品工業、窯業・土石製品工業。食料品工業、非鉄金属工業、輸送機械工業では低下した。