放置自転車横領で男性陸士長を停職 陸自久居が処分 三重

【津】陸上自衛隊久居駐屯地(三重県津市)は19日、放置自転車に乗ったとして、第33普通科連隊の男性陸士長(30)を停職3日の懲戒処分にしたと発表した。処分は同日付。

同駐屯地によると、陸士長は愛知県に帰省していた昨年6月24日午前0時半ごろ、駐輪場に放置されていた無施錠の自転車に乗って実家に帰ろうとした。同1時ごろに巡回中の警察官から職務質問を受けて発覚。遺失物横領の疑いで書類送検され、起訴猶予となった。