サッカー 三重県社会人代表決定戦 決勝は鈴鹿―伊勢志摩

【鈴鹿アンリミテッド―RIOT 後半、ダイビングヘッドで8点目を挙げた鈴鹿アンリミテッド・近藤和哉=スポーツの杜鈴鹿で】

天皇杯につながるサッカーの三重県社会人代表決定戦は17日、鈴鹿市御薗町のスポーツの杜鈴鹿で準決勝2試合があり、鈴鹿アンリミテッドFC、FC伊勢志摩が18日の決勝進出を決めた。

4月22日に四日市市中央緑地公園陸上競技場で開幕する天皇杯県代表決定戦に出場する社会人2チームを決める目的で開催。東海社会人リーグ1部の鈴鹿アンリミテッドFC、FC伊勢志摩がともに準決勝を突破した。

決勝は同会場で午前10時半キックオフ。入場無料。JFL所属のヴィアティン三重は4月以降の天皇杯県代表決定戦から出場する。