500本の梅、一斉に開花 津の花園「かざはやの里」・三重

見頃を迎えた梅の花=津市戸木町の「かざはやの里」で
 津市戸木町の花園「かざはやの里」の梅園がこのほど、見頃を迎えた。約500本の立ち梅やしだれ梅が一斉に開花し、甘い香りを漂わせている。25日までで期間中無休。入園料300円。高校生以下無料。
 同園は14年前に開園し約2万1000平方メートルの敷地に立ち梅やしだれ梅45種がある。運営母体の社会福祉法人の就労施設利用者が施肥や剪定(せんてい)に携わっており入園料は工賃に充てられる。
 担当者によると今年は年明けからの低温で例年なら2月半ばに咲く早咲き品種も全く開かなかったが先週末の高温で多くの品種が一斉に咲きだしたという。
 晴天の6日は幼い子を連れた家族や女性のグループらでにぎわった。夫と訪れた松阪市の女性(72)は「一度来て早かったので出直しました。青空と花はいいですね」と笑顔で話した。
 11日午前11時―午後3時にモデル撮影会、太鼓演奏、音楽ライブなどがある。問い合わせは同園=電話059(255)5755=へ。