尾鷲に法律事務所を開設 津の片山総合法律事務所、小林弁護士が赴任 三重

【片山総合法律事務所尾鷲事務所に常駐する小林弁護士=尾鷲市中川で】

【尾鷲】三重県津市丸之内に法律事務所を構える片山眞洋弁護士(49)が、尾鷲市中川に片山総合法律事務所尾鷲事務所を開設した。同法律事務所に所属する小林大輝弁護士(29)が3日から業務に当たっている。

片山弁護士は、高齢のため担当する事案2件を終えると引退する堂前美佐子弁護士(73)=尾鷲市坂場西町=に「引退すると弁護士の空白地帯になる」と相談を受けたことがきっかけで開設を決めた。

開設の話しを聞いた小林弁護士は「都会も地方も相談内容に差はない」と引き受け、尾鷲事務所に赴任した。現在まで6件の離婚や債務整理などの相談を受けているという。

小林弁護士は鈴鹿市出身。中学時代に弁護士を志すようになった。平成28年9月に司法試験に合格、司法修習を経て昨年12月に三重弁護士会に登録した。

小林弁護士は「尾鷲の人に信頼され愛される存在になりたい。困ったことがあれば何でも相談してほしい」と話している。

堂前弁護士は「小林さんは性格も明るく、人の話をきちんと聞くことができる。依頼者の話もしっかりと聞き出すことができると思う」と期待を寄せる。

問い合わせは片山総合法律事務所尾鷲事務所=電話0597(49)0077=へ。