三重県 インターハイまで150日 主要4駅にPR看板設置

【津駅構内に設置されたインターハイの看板(三重県提供)】

全国高校総体(インターハイ)の開催まで150日に迫った26日、三重県は近鉄の主要4駅に大会をPRする看板を設置した。大会開催に向けて県民の機運を醸成する狙い。大会最終日の8月20日まで掲げる。

看板は近鉄四日市▽白子▽津▽伊勢市―の4駅の構内に設置。青を基調としたデザインで、三重を含む東海四県で大会が開かれると告知する。類似デザインのステッカーを公用車やタクシーで順次掲げる。

鈴木英敬三重県知事はぶら下がり会見で「県内の高校生がそれぞれ準備を進め、インターハイを盛り上げてくれている。本番に向けて県内に広めたい」とした。