伊勢 市内初の企業主導型保育園 もりの実保育園 一般からも園児受け入れ 三重

【市内で初めて開園する企業主導型保育園=伊勢市小俣町明野のもりの実保育園で】

【伊勢】三重県伊勢市で初めての企業主導型保育園「もりの実保育園」が20日、同市小俣町明野に開園する。市内で福祉介護事業を展開する株式会社「森伸」が運営。従業員だけでなく一般からの園児も受入れ、働きやすい育児環境づくりと地域交流を目指す。

園は、同社が運営するグループホーム「ケアパートナー森伸小俣」の1階を改装し、床面積約140平方メートル。木を基調とした室内で、屋外遊戯場もある。睡眠時の異常を知らせるベビーセンサーや見守りカメラなども備える。対象年齢は、生後6カ月から2歳まで。定員は12人で半数が従業員、残り半数が一般枠となる。保育時間は月―土曜の午前7時半―午後6時半。

同市小俣地区は新興住宅が多く、数年前から、子どもが希望の保育施設に入ることのできない状況が増えている。同社は、地域から保育に関わる相談を受けることも多く、約2年前から開園を進めてきた。

19日に同園で開園式があり、市や地域の関係者が出席した。森下真二社長(50)は「規模は小さいが、きめ細かな保育を大切にし、地域に愛される施設にしたい。入園児だけでなく、誰もが気軽に交流できる場になれば」と話した。

入園の問い合わせは同園=電話0596(22)5155=へ。