伊勢 東北の風景など40点 堀江昭雄さんが写真展 三重

【東北などで撮影した風景写真を紹介する堀江さん(右)=伊勢市川端町の尾崎咢堂記念館で】

【伊勢】三重県大紀町神原の写真愛好家、堀江昭雄さん(71)の写真展が17日、伊勢市川端町の尾崎咢堂記念館で始まった。25日まで。19日は休館。

堀江さんは趣味で育てている寒ランの撮影をきっかけに、約20年前から本格的に写真を始めた。現在は自身の好きな東北や北海道に年2回撮影に出掛け、雄大な自然や季節ならではの情景を切り取っている。

同展には昨年五、10月に青森や秋田、岩手、山形などで撮影した写真を中心に40点を展示した。

秋田県秋扇湖の鮮やかな青色とケショウヤナギの新緑が目を引く作品や、日の出と共に黄金色に輝く青森県鶴の舞橋の風景、シダレウメに留まるメジロを捉えた作品、北海道美瑛町の幻想的な雪景色などが並ぶ。

堀江さんは「表情に変化をつけるため、写真によって印刷紙を換えているので、楽しんで見てもらえれば」と話していた。