伊勢シーパラ セイウチが〝闘魂注入〟 張り手で厄払い 三重

【厄払いで闘魂を注入するセイウチのヒマワリ=伊勢市二見町江の水族館「伊勢シーパラダイス」で】

【伊勢】伊勢市二見町江の水族館「伊勢シーパラダイス」で、セイウチの張り手で入館者を厄払いする開運イベントが人気を呼んでいる。

セイウチは雌の「ヒマワリ」(推定16歳)で、体重約680キロ。1日3回の厄払いイベントで、希望者の腰を勢いよく手ではたき、「闘魂」を注入している。

同水族館によると、セイウチは、ほ乳類最大の手のひらを持つという。ヒマワリは縦約35センチ、横が40センチ。はたかれた人は数歩つんのめり「すごい衝撃」と笑っていた。

愛知県岩倉市から家族や友人と旅行に訪れた大学生榊原尚宣さん(20)は「気合が入った。休学中なので気持ちを切り替え復学に向けて頑張れそう」と話した。

厄払いイベントは3月4日まで。午前11時、午後1時15分、同3時20分から実施している。