“天使と悪魔”の新作ピザ パンデココ鈴鹿店、2種類を販売開始 三重

【「どちらも自信作」と話す野村店長。(左から)「天使のわけまえ」「悪魔のようなあいつ」=鈴鹿市野町東2丁目の石窯パン工房パンデココ鈴鹿店で】

【鈴鹿】三重県鈴鹿市野町東2丁目の石窯パン工房パンデココ鈴鹿店(池地新社長)は1日、ピザ対決イベントとして、新作ピザ2種類「悪魔のようなあいつ」「天使のわけまえ」(各1枚500円、税別)の販売を始めた。いずれも各日50枚限定。28日まで。

期間中、店内に投票ボードを設置。来店客の投票が多かったピザを一定期間継続販売する予定。

自家製ピザ生地はいずれも直径約22センチ。「悪魔のようなあいつ」はトマトソースに唐辛子、ハラペーニョ、ピリ辛ウインナーを乗せて焼いた刺激的な辛さが特徴。「天使のわけまえ」は自家製カスタードやりんごのコンポート、シナモンなどを乗せて焼き、スイーツ感覚で楽しめる。

野村太也店長(35)は「どちらも自信作なので食べてみてほしい」と話していた。

同店は本社の「第5回読者が選ぶうまい店ランキング」で、パン部門第2位の実績を持つ。