鈴鹿市 断水の石川・輪島を支援 職員と給水車派遣 三重

【鈴鹿】三重県鈴鹿市は30日、石川県輪島市での応急給水活動の要請を受け、応援要員2人と容量2立方メートルの給水車1台を派遣すると発表。同日、現地へ出発した。期間は現在のところ31日のみだが、現地の状況次第で延長の可能性もあるという。

日本水道協会中部地方支部を通じ、県支部の津市水道局から市へ支援要請があったという。県内では四日市市からも派遣する。

現地の浄水場や送水場で給水車に水を入れ、断水地区での給水活動にあたる。輪島市では現在、2千世帯以上で断水しているという。