「松阪元気パン」3種類発売 コイサンズ、市民病院と共同開発 三重

【「松阪元気パン」を披露する(右から)髙橋社長と畑地室長=松阪市役所で】

【松阪】「513ベーカリー」を展開するコイサンズ(三重県津市栄町)は3月1日から、松阪高町店と松阪川井町店で、松阪市民病院(松阪市殿町)と共同開発した「松阪元気パン」3種類を発売する。松阪の特産品を使い、太っている人や痩せている人向けに市民病院の栄養管理士が考案した。価格は未定。

3つは、「松阪鶏肉モロヘイヤパン」「マイヤーレモンクリームチーズパン」「松阪市民病院オリジナルおやき」。

鶏肉モロヘイヤパンは体重やカロリーが気になる人向けで、「ボリュームがあるが低カロリー」。生地に松阪特産のモロヘイヤの粉末を練り込み、松阪B級グルメの松阪鶏焼き肉を乗せている。鶏肉は脂質を減らすため皮を除いたもも肉を使い、モロヘイヤは脂質代謝を促すビタミンB2や食物繊維など栄養が多い。

クリームチーズパンは食欲がなかったり栄養状態が低下している低体重の人向け。チーズはタンパク質やカルシウムを含み、「食べやすいあっさりした味。手軽に栄養を補給できる」という。

おやきは牛肉と松阪赤菜、飯南シイタケを使用。

30日に松阪市役所で商品を披露した市民病院栄養管理室の畑地治室長は「地産地消が特長。少ない食材でもカロリーがあるパンと、腹いっぱいでも低カロリーのパン」とアピール。髙橋仁志社長は「創業の地の松阪で売り出す。価格は200円前後の予定」と話した。