亀山の慈恩寺で消防訓練 国重文 「木造阿弥陀如来立像」守れ 三重

【放水する消防署員や檀家の人ら=亀山市野村3丁目の慈恩寺で】

【亀山】三重県亀山市は28日、同市野村三丁目の慈恩寺で文化財防火デー(26日)に伴う消防訓練を実施した。寺の檀家(だんか)や地元自治会、亀山消防署や消防第一分団から計70人が参加した。

防火デーは、昭和24年1月26日に法隆寺金堂の壁面が火災で焼失したのを機に、国が制定。全国各地で文化財を守る防火訓練を実施している。慈恩寺本堂には、国の重要文化財「木造阿弥陀如来立像」がある。

この日は、本堂横の庫裏(くり)から出火を想定。檀家らが、非常持ち出し箱を外に運び出した後、通報で駆けつけた消防署員らが放水した。また、水を入れた訓練用消火器を使用した消火訓練や自動体外式除細動器(AED)の講習もあった。

服部裕教育長は「訓練を契機に、住民同士が互いに協力し合い、文化財が地域の宝として末永く守り伝えられるよう、防災意識を高めてください」と講評した。