津 NPOの基礎学ぶ 交流センターで講座 三重

【NPOの基礎について話す川北さん=津市羽所町のみえ県民交流センターで】

【津】NPOの基礎を学ぶ講座「はじめてみようNPO」(みえ市民活動ボランティアセンター主催)が24日、三重県津市羽所町のみえ県民交流センターであった。津市NPOサポートセンター理事長の川北輝さん(38)がNPOの意義や心構えなどを話し、約30人が参加した。

川北さんは行政や企業の手が届かない地域の課題を解決するのがNPOや市民活動であるとして、「今後人口が減少すれば地域の隙間が増え、NPOの活動が非常に重要になる」と指摘。NPOの立ち上げ期に確認しておく点として、目指すビジョン▽方向性▽具体的な事業―などを挙げた。

また、活動を広げるのはリーダー1人の力ではないとして、「関わる人全員がビジョンを共有することが重要。共感してくれるフォロワーを対等に扱うことが大切」と述べた。

伊勢市の自営業の男性(60)は「今している環境活動を先々どうしていくかと考え受講した。経験ある方から話が聞けてよかった」と感想を話した。