大台町長選、三つどもえ 12年ぶり選挙戦へ 町議選は14人出馬 三重

【多気郡】任期満了(2月11日)に伴う三重県の大台町長・町議選は1月23日、告示された。町長選はいずれも新人・無所属の前町議元坂正人氏(72)=新田、会社社長大森正信氏(69)=小切畑、前町議堀江洋子氏(56)=上三瀬(届け出順)の3人が立候補し、12年ぶりの選挙戦となった。町議選(定数11)は現職6人、新人8人の計14人が出馬した。全員無所属で男性。

町議選の定数は今回から2人減らした。期日前投票は24―27日、町役場など6カ所で。投票は28日午前7時―午後6時、14カ所で。開票は同日午後8時から、同町弥起井の町B&G海洋センターで。確定は同日午後10時ごろの見込み。

22日現在の選挙人名簿登録者数は8336人(男3919人、女4417人)。