津市 絵画や手芸77点 退職互助会が生涯学習展 三重

【会員の力作が並ぶ会場=津市西丸之内の津リージョンプラザ3階で】

【津】三重県退職教職員互助会津北地区(会員1749人)は23日、津市西丸之内の津リージョンプラザ3階で会員の作品を紹介する「生涯学習展」を開いた。旧津市、旧安芸郡の60―90歳代の会員72人の美術や工芸作品など77点を展示した。25日まで。午前9時―午後4時(最終日は午後3時まで)。入場無料。

会員が日頃取り組む成果を発表し親睦を深める目的で年1回開き31回目。絵画、工芸、写真、書道などのほか、チョウの標本、手作りの器を使った寄せ植え、着物の帯をリメークしたかばんなどさまざまな作品がある。

同会は毎年作品展のほか囲碁大会や歌集作りなどに取り組む。世話人の1人、赤塚康代さん(67)=津市高野尾町=は「それぞれ工夫した作品なので地域の方にも楽しんでもらえるといい」と話していた。