三重、初出場初勝利ならず 全国高校サッカー

【三重―矢板中央 後半、シュートを放つ三重・浜地(右)=NACK5で】

サッカーの全国高校選手権第3日は2日、埼玉県のNACK5スタジアム大宮などで2回戦が行われ、三重県代表の三重は矢板中央(栃木)に2―3で敗れて初出場初勝利は挙げられなかった。

三重は前半2分に1点先制されたが、同25分、FW藤村泰士のドリブルシュートからのこぼれ球をDF奥田祐大が押し込み、一時同点に追いついた。

その後、同28分から2失点。後半32分のMF南出紫音のゴールで1点差に詰め寄ったが、あと一歩及ばなかった。

全国高校総体覇者の流通経大柏(千葉)や神村学園(鹿児島)、帝京大可児(岐阜)、明秀学園日立(茨城)なども勝ち上がった。

3回戦は3日に実施される。