仕事や就活の成功、結婚祈願 伊勢神宮、大勢の初詣客

【1日未明、大勢の参拝客でにぎわう伊勢神宮内宮=伊勢市宇治館町で】

【伊勢】三重県伊勢市の伊勢神宮内宮、外宮では1日未明から大勢の参拝客が初詣に訪れた。

31日深夜、内宮正殿の石段下には大勢の参拝客が集まり、午前0時になると歓声を上げて新年を祝った。次々と鳥居をくぐり、さい銭を投げて手を合わせていた。

大学生北村祐成さん(22)=滋賀県彦根市=と伊波真海さん(21)は2年続けて伊勢神宮に初詣。北村さんは「雰囲気が良かったので今年も来た。4月から社会人になるので、仕事がうまくいき、今年中にプロポーズできるよう頑張りたい」と話し、伊波さんは「就活がうまくいくよう」祈った。

また、松阪市久保町のクリニック経営良雪雅さん(32)は「松阪の地域医療の発展と結婚できるよう」願った。

神宮司庁によると、平成29年の両宮合わせた参拝客数は前年比6万人増の約880万人。統計としては過去4番目に多い。三が日の参拝者数は例年と同規模の48―50万人を予想している。