岡田氏、支持拡大求める 衆院区割り変更三重3区8万人増

 民進党三重県3区総支部の定期大会が23日、四日市市霞2丁目の四日市港ポートビルであった。支部長の岡田克也衆院議員は、衆院選挙区画定審議会(区割り審)の区割り案によって三重3区の人口が8万人ほど増えると説明し、出席者に支持拡大を求めた。

 党員・サポーターら約100人(主催者発表)が出席。岡田氏はあいさつで、区割り案について「三重県でも残念ながら(衆院議員が5人から)4人になる。いろいろな意見があるが、よほどおかしなことがなければ受け入れざるを得ないと思っている」と述べた。

 その上で、区割り案では四日市市の桜▽川島▽常磐▽中部―の4地区を三重3区に編入すると説明。「3区は私の予想より大きくなる。人口にして8万人が増える。新たな党員・サポーターを募って次なる選挙に備えたい。ぜひ協力をお願いしたい」と述べた。