「少子化食い止める」野村氏、県議会に初登庁

 前職の辞職に伴う県議補選鳥羽市選挙区(改選数1)で当選した前市議の野村保夫氏(62)=同市相差町=が18日、県議会に初登庁した。野村氏は本紙の取材に「深刻な少子化を食い止めるため、一生懸命に取り組みたい」と抱負を述べた。

 野村氏は同日午後2時ごろ、県議会議事堂を訪れた。玄関で福田圭司議会事務局長ら職員の出迎えを受け、真剣な表情で襟元に議員記章を付けた。この後、中村進一議長らと歓談したほか、議会事務局の職員から今後の予定などについて説明を受けた。

 野村氏は取材に「約2年間の任期だが、その重さをひしひしと感じている。県議会に送って良かったと思ってもらえるよう一生懸命に取り組みたい」と語った。少子化を地元の課題に挙げ、農林水産業と観光業の連携を通じて地域活性化を図る考えを示した。