「水中菓子博」も、きょう開幕 鳥羽水族館で企画展 チョコ色魚など7種

【元気に泳ぐお菓子のような色をしたチョコレートモーリー=鳥羽市鳥羽3丁目の鳥羽水族館で】

【元気に泳ぐお菓子のような色をしたチョコレートモーリー=鳥羽市鳥羽3丁目の鳥羽水族館で】

【鳥羽】「お伊勢さん菓子博2017」の開幕に合わせ、鳥羽市鳥羽三丁目の鳥羽水族館は二十一日から、お菓子にちなむ生き物を集めた企画展「水中菓子生物博覧会」を開く。五月十四日まで。

 企画展では、チョコレート色をした魚「チョコレートモーリー」や菓子パンのように見えるウニ「スカシカシパン」など、お菓子の名前が付く魚やお菓子のような見た目をした生き物など七種約三十匹を展示する。

 イベント期間中には、菓子博の公式キャラクター「いせわんこ」とコラボし、「いせわんこソフトクリーム」(三百八十円)の販売のほか、いせわんこと同館のキャラクター「ぷかり」と「ふわり」をデザインした記念撮影用のパネルなどを設置する。

 広報担当の榊原麻友さん(21)は「水族館ならではのお菓子≠ネ生き物が集まる企画展。菓子博では味わえない魅力ある生き物も菓子博と合わせて見に来てほしい」と話していた。

おすすめ記事