県社会人選手権 鈴鹿、伊勢志摩など準決勝へ

【鈴鹿アンリミテッドFC―FC RIOT 後半、鈴鹿アンリミテッドFW近藤和哉がゴール。鈴鹿5点目=スポーツの杜鈴鹿で】

【鈴鹿アンリミテッドFC―FC RIOT 後半、鈴鹿アンリミテッドFW近藤和哉がゴール。鈴鹿5点目=スポーツの杜鈴鹿で】

 天皇杯につながるサッカーの県社会人選手権は18日、鈴鹿市御薗町のスポーツの杜鈴鹿で2次予選が始まり、準々決勝4試合が行われた。2次予選から東海社会人リーグ1部の鈴鹿アンリミテッドFC、FC伊勢志摩も登場し、ともに19日の準決勝進出を決めた。

 鈴鹿アンリミテッドFCはFC RIOTを10―0で下した。FC伊勢志摩は2―0で四日市大FCを退けた。

 4月2日開幕の県選手権(兼天皇杯県代表決定戦)に出場する社会人チームを決める目的で開催。今季JFLを戦うヴィアティン三重は県選手権から出場する。

おすすめ記事