春の連休、スペイン村盛況 志摩に大勢の観光客

【ミュージカルショーを見せるパフォーマー=志摩スペイン村で】

【ミュージカルショーを見せるパフォーマー=志摩スペイン村で】

【志摩】春の観光シーズンを迎えた十八日、志摩市磯部町坂崎のテーマパーク「志摩スペイン村」は大勢の観光客でにぎわった。

 夏休みなどの期間限定で上演されたパフォーマンスショー「ロストレジェンド〜シルコ・デ・ティエラ」が再登場。かつて栄華を極めた「タルテス帝国の遺跡」を舞台に、パフォーマーたちが繰り広げるダイナミックなパフォーマンスと、舞い上がる炎などの大がかりな演出に、観客二千人が見入った。

 また、二月から始まったストリートミュージカル「バイレ・デル・カピタン」には、見学者も参加。パフォーマーと一緒に踊りを楽しんだ。

 奈良県から家族で来ていた鐘ヶ江玲ちゃん(9つ)はショーが気に入ったといい、「動きに迫力があって楽しかった」と話していた。

おすすめ記事