「三重―奈良ルート」と「亀山駅」の設置決定を リニア亀山市民会議が要望書

【根本国交大臣政務官(左から3人目)に要望書を手渡す櫻井市長(同4人目)=国土交通省で(亀山市提供)】

【根本国交大臣政務官(左から3人目)に要望書を手渡す櫻井市長(同4人目)=国土交通省で(亀山市提供)】

 亀山市内の官民でつくる「リニア中央新幹線・JR複線電化推進亀山市民会議」は十七日、「三重―奈良ルート」の早期実現と「亀山駅」の設置決定を求める要望書を国土交通省に提出した。

 要望書は、リニア中央新幹線の県内停車駅を亀山市内に設けるよう要請。JR亀山駅―名古屋駅間の複線電化やIC乗車券サービスをJR亀山駅で利用できるようにすることも求めている。

 会議の会長を務める櫻井義之亀山市長がこの日、国交省を訪れ、根本幸典国土交通大臣政務官に要望書を手渡した。地元選出の島田佳和衆院議員や吉川ゆうみ参院議員、長田隆尚県議らも同行した。

 櫻井市長は根本政務官に「リニア全線開業時期の前倒しが決まったことに大きな後押しをいただき感謝している。今後も三重―奈良ルートの早期開業に向け、県と連携して働きかけたい」と話した。

おすすめ記事