自宅敷地内に遺棄 母刺殺疑い高3逮捕 四日市北署

【四日市】母親を刃物で刺して殺害後、遺体を自宅敷地内に遺棄したとして、四日市北署は十五日、四日市市内に住む高校三年の男子生徒(18)を殺人と死体遺棄の疑いで逮捕した。

 逮捕容疑は十四日午前六時四十分―午後七時ごろまでの間、四日市市の自宅で同居する母親(47)の首をナイフ様の刃物で複数回刺すなどして殺害し、遺体を自宅庭にあるプレハブ倉庫内に遺棄した疑い。

 同署や県警捜査一課によると、十四日午後十一時ごろ、男子生徒の父親(48)から「事件です。妻が死んでいる。息子が殺したかもしれない」と一一〇番通報があった。通報を受けた署員らが男性の自宅倉庫内で女性の遺体を発見。現場にいた男子生徒に事情を聞いたところ、「自分がやった」と話しため緊急逮捕した。

 遺体は発見時、倉庫内にあおむけの状態で倒れ、体の上には直前に着ていたとみられる衣服が掛けられていたという。首には複数の刺し傷があったほか、後頭部に殴られたような傷があり、顔には首を絞められたときにできるうっ血も確認できたという。司法解剖で詳しい死因を調べる。

 捜査関係者によると、凶器は台所にあった「ペティナイフ」と呼ばれる刃渡り十二センチ前後の小型包丁とみているが血痕は既に拭き取られ、鑑定を通じて裏付けを進める。男子生徒は遺体発見当時、自宅二階の自室にいたといい、脱衣所からは犯行当時に着ていたとみられる返り血のついた衣服も見つかった。居間や廊下には飛び散った血痕を拭き取った形跡も見つかったという。

 男子生徒は取り調べに素直に応じ、これまでに「遺体を隠すため倉庫に運んだ」などと供述しているという。

 一家は両親、妹の四人暮らし。男子生徒は自由登校のため高校を休んでいた。大学受験や進路を巡って家族間でトラブルとなっていた可能性もあるとみて詳しい動機などを調べている。

おすすめ記事