ソフトテニスの高松アゼリア杯 三重(女子)が初優勝

 ソフトテニスの高松アゼリアカップ高校選抜国際大会は11、12日の両日、香川県の高松市総合体育館であり、女子の部で三重が初優勝した。

 男子の部優勝は高田商(奈良)だった。

 全国から出場した男女チームと、韓国、台北の招待チームを合わせた計38チームが出場。昨年準優勝の女子三重は、決勝で3連覇を目指した文大杉並(東京)を2―0で下した。

 インドア強化と国境を超えた交流を目的に高松市などが毎年開き、今年で30回目の開催になった。

 東海地方からは1月の東海高校選抜大会の結果、男女上位2位までの学校が出場。県内からは東海高校選抜女子優勝の三重のみの参加となった。

おすすめ記事