山本氏の公認決定 次期参院選で自民党 きょう会見

 自民党は四日、今夏の参院選三重選挙区の候補者として、山本幸雄元衆院議員(故人)の孫で元旅行会社社員の山本佐知子氏(48)を公認することを決めた。

 自民党県連は三日に津市内で開いた役員会で山本氏の擁立を決定し、党に公認申請していた。山本氏は五日に記者会見を開いて立候補を表明する見通し。

 山本氏は衆院旧三重1区選出で自治相を務めた幸雄氏の孫。後に幸雄氏の養女となった。神戸大を卒業後、銀行勤務を経て旅行会社に転職し、既に退職した。

 同選挙区には、民主党現職の芝博一氏(65)と共産党新人の釜井敏行氏(33)、幸福実現党新人の野原典子氏(59)が立候補を予定している。