から検索 から検索


 
 2015/12/29(火)
 川村川越町長が死去 66歳
【三重郡】川越町の川村康治(かわむら・やすはる)町長が二十八日午後一時四十六分、前立腺がんのため四日市市内の病院で死去した。六十六歳。自宅は川越町高松一九二の二。通夜は三十日午後七時から、告別式は三十一日午前十時半から、場所は四日市市芝田一の五の三一、四日市中央斎奉閣で。喪主は長男康太郎(こうたろう)氏。

 川村町長は名古屋商科大卒業後、町議長などを経て平成二十一年の町長選で初当選し、同二十五年に無投票で再選。現在二期目で、任期は同二十九年四月五日までだった。今年八月から体調不良を訴え、先月から病気療養に入っていた。

 職務代理者の城田政幸副町長はこの日、公職選挙法に基づき、町選挙管理委員会に町長の欠員を通知。町選管は今月二十九、三十日のいずれかで町長選の日程を決める。

 公選法は、地方自治体の首長が欠けた場合、選管は職務代理者から五日以内に通知を受け、その日から五十日以内に選挙をしなければならないと定めている。




  
三重銀行リージョネット
Jエントリー



旅キャピタル
47NEWS(よんななニュース)




伊勢新聞社
公式携帯専用サイト