から検索 から検索


 
 2013/12/23(月)
 伊勢神宮 遷宮年の「冬至の日の出」 宇治橋前に見物客1000人
【日の出に向けて一斉に掲げたスマートフォンやカメラ=伊勢市の伊勢神宮内宮宇治橋前で】
【伊勢】日の出の位置が一年で最も南寄りとなる冬至の二十二日、伊勢市の伊勢神宮内宮宇治橋前には、この時季だけ大鳥居の中央に昇る朝日を拝もうと、夜明け前から一千人以上とみられる見物客が集まった。

 今年は二十年に一度の式年遷宮で伊勢神宮が注目を集めたとあって異例の人出となった。日の出の直前には、宇治橋前からロータリーを挟んだ向かい側にまで人があふれていた。

 午前七時四十分ごろ、東の山の上に太陽が昇ると、手を合わせて拝む人の傍ら、スマートフォン(多機能携帯電話)やデジタルカメラを掲げてシャッターを切る今どきの光景もあった。

 家族三人で訪れた名古屋市の会社員、小木曽智一さん(33)は、「妻の実家がこちらで初めて来た。きれいだった。いい年を迎えられそう」と話していた。

 伊勢市観光協会は、日の出を合図に、近くの市営駐車場でカボチャ入りぜんざいとユズ三百人分の振る舞いを始めたが、約三十分で品切れしたという。




  
三重銀行リージョネット
Jエントリー



旅キャピタル
47NEWS(よんななニュース)




伊勢新聞社
公式携帯専用サイト