会社案内

株式会社伊勢新聞社概要

創刊 明治11年1月17日
創設者 松本宗一
資本金 74,333,500円
代表取締役 小林 千三
社員数 50名(2014年3月末日現在)
社員平均年齢 36.7歳
本社 津市本町34番6号
総局・支局 北勢、松阪紀勢、伊勢志摩、伊賀、 鈴鹿、鳥羽、尾鷲
読者調査 県紙、郷土紙として全県下で購読いただいており、特に県下中南部地域では圧倒的な読者を持つ。
販売形式 朝刊単独、版数1版
購読料 月ぎめ2,921円  1部130円
定期出版 伊勢年鑑(毎年11月発行)1万部
出版 「伊勢年鑑」 報道写真集「伊勢志摩サミットの記録」 「街道の文学」 「高校生レストラン」
主要な事業 日刊新聞発行、出版、各種事業

事業所一覧

                   
本社 〒514-0831 津市本町34番6号 TEL.059-224-0003FAX.059-226-3554
東京支社 〒104-0045 東京都中央区築地2-11-11諸井ビル3F TEL.03-5550-7911FAX.03-3541-7947
名古屋支社 〒460-0008 名古屋市中区栄4-16-8栄メンバーズオフィスビル507 TEL.052-252-0013FAX.052-252-0014
大阪支社 〒542-0076 大阪市中央区難波2-3-11ナンバ八千代ビル5F TEL/FAX.06-6213-1330
北勢支社 〒510-0085 四日市市諏訪町7-15 TEL.059-352-2084FAX.059-352-4869
鈴鹿支局 〒513-1123 鈴鹿市自由が丘1-17-1アジアグランドハイツ205号 TEL.059-374-2104FAX.059-374-2104
伊賀総局 〒518-0809 伊賀市西明寺2792-5コンフォート上野205号 TEL.0595-26-4114FAX.0595-26-4133
松阪紀勢総局 〒515-0081 松阪市本町2176 TEL.0598-21-4123FAX.0598-21-4124
伊勢志摩総局 〒516-0037 伊勢市岩渕1-8-15 TEL.0596-28-2065FAX.0596-23-2120
鳥羽支局 〒517-0046 鳥羽市幸丘2-31たまき苑216号 TEL.0599-26-5230FAX.0599-26-5230
尾鷲支局 〒519-3625 尾鷲市大字向井293-4 TEL.0597-22-7786FAX.0597-22-7787

歴史

   
明治11年1月17日創刊
23年第1回衆議院選挙公報発行
44年紙齢1万号
昭和3年株式会社に法人化
12年伊勢年鑑を創刊
13年紙齢2万号
16年第二次世界大戦、政府の命令により県下新聞統合へ
17年北勢朝日、三重新聞、南勢新聞など吸収合併
一県一紙の新聞体制を確立
20年高速度輪転機を導入
津市大空襲で本社全焼(7月28日)
復興第1号を発行(8月30日)
24年社屋を津市大門町大門ビルから 丸之内本町に新築移転
26年ラジオ三重開局(後に発展解消)
29年第1回三重文化賞を制定
31年伊勢式超高速度輪転機を導入
37年写真伝送受信機、漢字テレタイプ、ファックスを設置
38年現在の津市本町34番6号に 鉄筋3階建ての新社屋完成
41年紙齢3万号
54年第一次CTS化、電算写植機導入
62年第二次CTS化、
コンピュータ組版システム導入
平成3年カラーオフ輪転機導入
6年紙齢4万号
7年小林千三が代表取締役に就任
8年富士通製コンピュータ編集システム導入
記者のワープロによる記事入力から組版までをオンライン化
8年富士通製コンピュータ編集システム導入
10年創業120周年
メキシコの壁画家「シケイロス展」開催
11年デジタルカメラの全面的導入
パソコンスクール開校(後に発展解消)
12年活字大型化、社屋の全面的改修
13年活字さらに大型化、イメージキャラクター決定
14年紙面を拡充、全20面に
15年カラーオフ輪転機増設 最大24面に
16年「台風21号災害被災者義援金」口座開設
県南部の集中豪雨被災者へ義援金
17年特大60P企画「三重を元気にする!!」発行
18年株式面を増設
19年伊勢年鑑創刊70周年に伴い杉浦康平氏が担当
20年伊勢新聞創刊130周年
紙齢4万5000号
21年編集新システムを全面更新