朝明精工に12億円融資 商工中金四日市支店

【四日市】商工中金四日市支店は15日、機械金属製造業「朝明精工」(三重郡川越町豊田、廣田正雄社長)に12億5千万円を融資したと発表した。

資金の使途は既存債務の再構築や機械設備の更新。同支店は4億5千万円の長期期限一括型融資と8億円の当座貸越(融資枠9億円)を組み合わせて対応した。

朝明精工は、自動車用特殊ベアリングやFA専用工作機械などの製造業者。国内外の大手自動車メーカーや部品製造用メーカー向けに、設計から製造、据付まで一貫対応できることを強みにしており、経済産業省が選定する地域未来牽引企業にも選定されている。