菰野町・御在所 下山中に重傷の78歳男性を救助 転倒し骨折 三重

【三重郡】13日午後0時50分ごろ、三重県菰野町菰野の御在所山(標高1212メートル)で、愛知県安城市、無職長谷川信弘さん(78)が下山中に転んで右足首を骨折し、身動きが取れなくなった。同行の男性(77)が一一〇番し、滋賀県防災ヘリが長谷川さんを四日市市内の病院に搬送。長谷川さんは全治約半年の重傷だが、命に別状はないという。

四日市西署によると、長谷川さんらは同日朝から4人で山に登り、二手に分かれて下山した。通報を受け、警察と消防が計6人体制で山を捜索し、長谷川さんらを発見。三重県防災ヘリが同日から点検中のため、滋賀県防災ヘリに救助を依頼した。