伊勢 「いすず野あそび餅」 とうもろこしの黄あん赤福販売 三重

【新しい4色の「いすず野あそび餅」】

【伊勢】和菓子の老舗赤福(三重県伊勢市)は13日、4色セットの赤福餅「いすず野あそび餅」のうち、通常の焦げ茶色の赤福餅を、20日からとうもろこしで作った黄あんに変更すると発表した。

黄あんはとうもろこしを粉状にし、あんこに溶いている。風味がしっかりしているのが特徴という。また、赤福はヨモギの緑あんを以前使っていた大麦若葉に戻す。

赤福は昨年7月、五十鈴川店限定(同市宇治浦田一丁目)で「いすず野あそび餅」の販売を開始。4色各2個入りで、一日限定500箱(760円)で販売し、毎日完売という。

今月20日以降も白小豆などを使った白あんと黒砂糖風味の黒あんはそのまま。4色各2個入りで、一日限定500箱(760円)も変わらない。今後、4色いずれかの赤福餅を定期的に新しい味に変更する予定はないという。