27日、松阪鶏焼き肉隊が開店 五桂池ふるさと村へ 「10連休を成功」意気込む 三重

【松阪鶏焼き肉隊アンテナショップをPRする(右から)森下代表、竹上市長、松浦代表理事=松阪市役所で】

【松阪】「Do ⅰt!松阪鶏焼き肉隊」のアンテナショップが27日、三重県多気郡多気町五桂の五桂池ふるさと村「ふるさと食堂」にオープンする。森下桂子代表(38)と同店を経営する一般社団法人「医食同源みえ」代表理事の松浦信男万協製薬社長(57)は16日、松阪市役所を訪れ、竹上真人市長に意気込みを語った。

同村は地元の五桂区が運営し、6月から医食同源みえが指定管理者となる。松浦代表理事が1カ月ほど前、同区から昨年12月に閉店したふるさと食堂の活用を打診され、鶏焼き肉店の開業を決めた。

鶏焼き肉150グラムを自席で焼いて税込み500円。相可高校食物調理科監修のみそだれを使い、同隊のテーマソング「松阪とりとりソング」(松浦社長作詞作曲)を流す。

森下代表は「焼き方やたれの作り方を教えてもらった相可高校のまごの店の隣という意味ある所。ふるさと村を盛り上げたい」と語り、松浦代表理事は「10連休を成功させたい」と来店を呼び掛けた。

竹上市長は「鶏焼き肉隊は大躍進。松阪は牛だけじゃないよと頑張ってほしい」と激励した。