いじめ防止授業の進め方まとめる 三重県教委、冊子を作成 三重

【ワークシートの活用方法をまとめた冊子を示す廣田教育長=三重県庁で】

三重県教委の廣田恵子教育長は15日の定例記者会見で、平成29年度に作成した教材「いじめ事例別ワークシート」の活用方法を冊子にまとめたと発表した。県内の全小中高校に配布する。総合的な学習の時間などで活用してもらい、いじめ防止につなげたい考え。

県教委は29年度、県弁護士会の協力を得て、いじめの事例ごとに対応方法を示すワークシートを作成。教諭がいじめ防止の授業で使いやすいようにするため、30年度に実施した弁護士による出前授業などを元に活用方法や授業の進め方を別の冊子にまとめた。

冊子はA4版のカラー刷りで、全8ページ。授業を進めるに当たっての留意点や児童生徒からの質問に対する回答例を示している。廣田教育長は「専門家の視点を取り入れ、役に立つ教材ができた。一つ一つをかみしめながら授業を実施してほしい」と述べた。