統一地方選、後半戦に突入 3市議選などきょう告示 三重

三重県の津、鈴鹿の両市長選と四日市、鈴鹿、鳥羽の3市議選、津市議補選がそれぞれ14日告示され、統一地方選の後半戦に突入する。2市長選はいずれも候補者が現職のみで無投票となる可能性が高い。16日には朝日、東員の両町長選と朝日、川越の2町議選、東員町議補選が告示される。投開票はいずれも21日。

津市長選には前葉泰幸氏(57)、鈴鹿市長選には末松則子氏(48)がそれぞれ3選を目指して立候補を表明している。いずれも他に立候補を表明している候補者がおらず、無投票の公算が大きい。3市議選と津市議補選は選挙戦となる見通し。

県選管によると、13日現在の選挙人名簿登録者数は、津市=22万9886人(男11万419人、女11万9467人)▽四日市市=25万5274人(男12万7266人、女12万8008人)▽鈴鹿市=16万841人(男8万35人、女8万806人)▽鳥羽市=1万6312人(男7574人、女8738人)。

立候補の届け出は14日午前8時半―午後5時まで、各市の市役所などでそれぞれ受け付ける。投票は指定された投票所で、一部地域を除いて21日午前7時―午後8時まで。告示の翌日からは各市で期日前投票が始まる。