鈴鹿市議選 末松氏も3選目指す 市議選35人が準備 三重

【鈴鹿】任期満了(4月30日)に伴う三重県の鈴鹿市長選と同市議選(定数32)は14日、告示される。市長選への立候補を表明しているのは3選を目指す現職の末松則子氏(48)=無所属=だけで、無投票の公算が大きい。

末松氏は自民、公明、立憲民主、国民民主党の各党をはじめとする幅広い団体から推薦を受ける。

市議選は現職23人、元職3人、新人9人の計35人が立候補の準備を進めている。党派別では自民党7人、公明党3人、共産党3人、立憲民主党1人、三重民主連合1人、NHKから国民を守る党1人、無所属19人。

立候補の受け付けは14日午前8時半―午後5時まで、市役所本館12階の会議室で。3月28日現在の選挙人名簿登録者数は16万859人(男8万35人、女8万824人)。