知事選で二重投票 紀北町選管、女性に誤交付 三重

【北牟婁郡】三重県の紀北町選管は7日、河内投票所を訪れた知事選の期日前投票済みの女性に、本来なら県議選の投票用紙を渡すべきだったのに、誤って知事選の投票用紙を渡したと発表した。

町選管によると、職員が有権者の氏名と住所を記載した名簿と、各家庭に配布した入場券、投票用紙の残数を確認している中で、知事選の投票用紙の枚数が少ないことに気づき、発覚した。入場券の確認不足がミスの原因という。職員が女性宅を訪れ謝罪した。

山口剛信・町選管委員長は「ご迷惑をおかけしたことを深くおわび申し上げる。投票所でのチェック体制を強化し、誤りがないよう信頼回復に努めたい」とのコメントを出した。