三重県知事選 連合三重が現職推薦

連合三重は14日、津市内で臨時の三役会議を開き、任期満了(4月20日)に伴う三重県知事選で、3選を目指して立候補を予定する現職の鈴木英敬氏(44)=自民、公明推薦=を推薦すると決めた。

県職労が推薦を決めたことを踏まえて決定。吉川秀治会長は取材に「鈴木知事が連合三重を労働界のパートナーに位置付けている点を評価した。鈴木知事の政策と我々の間にずれがないと考えている」と述べた。

一方、鈴木知事は平成28年7月の参院選三重選挙区で、連合三重などが支援した芝博一氏の対抗馬を支援していた。吉川会長は「参院選から約3カ月後に知事と懇談した際に話は決着した」と語った。

知事選の告示は3月21日、投開票は4月7日。鈴木氏のほかに、元玉城町議で「県生活と健康を守る会連合会」の会長を務める鈴木加奈子氏(79)=共産推薦=が立候補を予定している。