津市長選、2期連続無投票か 共産が候補擁立を断念 三重

【津】任期満了に伴う三重県の津市長選(4月14日告示、21日投開票)で、共産党中部地区委員会は13日、独自候補の擁立を断念したことを明らかにした。立候補を表明しているのは現職の前葉泰幸氏(56)=無所属=以外になく、無投票の公算が大きくなった。

党中部地区委員会によると、独自候補を模索したが、擁立には至らなかった。11日に市内の委員らを集めた会議で独自候補の擁立を断念すると決めた。

前葉氏は、前回の平成27年の市長選は無投票で再選。今回の市長選も無投票になれば、2期連続となる。市選管によると、現行の選挙制度が始まって以来、旧津市も含めて市長選が2期連続で無投票になった記録はない。