伊勢神宮 4月17、18日間の参拝時間を制限 陛下の退位報告関連か 三重

【伊勢】三重県伊勢市の伊勢神宮は27日、4月17、18の両日、参拝時間を制限すると発表した。5月の改元を前に、4月18日に天皇陛下が伊勢神宮に退位の報告をされる「神宮に親謁の儀」が予定されていることから、その関連とみられる。

参拝停止時間は、内宮が17日午後3時―同6時と18日午前5時―午後4時半まで。外宮は18日午前8時20分―同11時50分となっている。

神宮司庁によると、天皇が退位の報告で伊勢神宮を訪れるのは歴史上初めてという。